虫歯治療・根管治療

糖分の多い食事中心の方や口内の予防管理を怠っていると虫歯になりやすくなります。 虫歯になれば歯はどんどんと溶かされていき、痛みが増していきます。

ひどい場合、虫歯となった歯の神経を取る治療を行わなければなりません。 この治療のことを歯科業界では「根管治療」と呼んでいます。

こちらでは虫歯治療の全体的な流れや知っておくべきポイントをご紹介していきます。 ぜひ参考にしてください。

虫歯とは?

虫歯とは、お口の中の細菌が作る歯垢(プラーク)によって歯が溶かされる病気です。

また、虫歯は外傷とは異なり、放置すれば症状は次第に悪化し、自然に治ることもありません。 さらに、症状が進行し続ければ、最悪の場合、歯を削らなければならない時もあります。

でも、なるべくなら歯は削りたくないですよね? そこで、まずはしっかりとお口の中のケアを行い虫歯や歯周病がこれ以上悪くならないように注意しましょう。

悪くなってしまったところは、最小限の治療を行います。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯は通常、程度によってC0~C4の段階に分類されます。

C0:脱灰

この段階の虫歯では痛みがなく、自覚症状もありません。適切なブラッシングと予防処置により、再石灰化して治すことができます。

C1:歯の表面(エナメル質)の虫歯

痛みはあまりありませんが、放置すると虫歯が悪化してしまう状態です。この段階の虫歯は、エナメル質を一層削り、コンポジットレジンというプラスチック系の材料を詰めて治療を行います。

C2:歯の中(象牙質)の虫歯

冷たいものや甘いものを食べたり、飲んだりするときに、染みる・痛むなどの症状が発症する段階です。治療は虫歯の部分を削り、主に部分的な詰め物(インレー)で保護する処置を行います。

C3:神経まで進行した虫歯

この段階までくると激しい痛みが生じます。治療方法として神経を取る必要があります。神経の治療後、全体的な被せ物(クラウン)を装着し、患部の保護を行います。

C4:歯の根まで進行した虫歯

歯の根まで虫歯が進行すると、化膿して膿がたまるため、抜歯が必要となることがあります。抜歯後は、選択肢として「入れ歯・ブリッジ」「インプラント」などの治療があります。

歯を虫歯から守るため定期管理について

残念ながら、虫歯は治療が終了したあとも再発する可能性があります。

それを予防するためにも、治療後は特にお口の健康管理を忘れずに行いましょう。

当院では、患者様の治療した歯や歯茎の状態の点検(メンテナンス)を行ったり、お口全体のクリーニングを行うことで、

虫歯や歯周病になりにくい口内環境に変えるお手伝いをします。 また、歯科医院での定期検診だけではなく、老後にも健康な歯を残すためにも患者様のご自宅でのケアが重要となります。

歯科医院とご自宅での日々のケアを通じて、お口の中を清潔に保つ意識を身につけていきましょう。

根管治療

根管とは歯の根の管のことを指し、通常、根管の中には神経があります。

そして根管治療では、この“歯の神経”が死んでしまった時に歯の根の中を消毒し、細菌が感染しないように薬を詰めて、神経が死んでしまった後も歯を長く使っていただくための治療を行います。

根管治療の精密さで変わる歯の寿命

根管治療の成功は治療が精密に行われるかどうかに大きく影響を受けます。つまり、歯の寿命は根幹治療の精密さで決まるのです。

歯の治療をしても腫れや痛みが繰り返し現れ、いつまでも治らずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

これは、治療を行う医師が自身の経験や勘によって治療を開始し、原因が特定されないままに治療を進めてしまっていることが原因かもしれません。

残念ながら、現代の歯科界ではこうした「医師の勘」によって治療が行われる状況がしばしば見受けられ、医科では当たり前のように使用される精密な治療を行うための顕微鏡などは歯科にはまだ普及していません。

しかし、当院ではマイクロスコープ(歯科用の顕微鏡)を使った精密治療の重要性にいち早く注目しました。

肉眼では見えない部分まで確認し、治療を行うことができる歯科用マイクロスコープを使用すれば、より精度が高く患者さんにとって最良の結果に導く治療を行うことが可能です。

歯科用マイクロスコープによる根管治療の5つのメリット

当院では治療の精度を上げるため、通常の3~6倍まで細かい部分を見ることのできる拡大鏡を使って根管治療など精密さの求められる治療を行います。

マイクロスコープを使用した根管治療には次の5つのメリットがあります。

  • 1.明るく拡大することで感覚に頼らない確実な治療

    経験則や勘に頼っていた頃は、患部がよく見えず治療箇所がずれてしまったり、健康な歯まで余計に削ったりしてしまうことがありました。しかしマイクロスコープを使えば患部や状態を精密で正確に捉えられるため、必要最小限の患者さんに負担のかからない治療が行えます

  • 2.治療の可能性が広がる

    これまでは患部が確認できなかったために行えなかった部分において、診断も治療も正確に行えるようになります。治せなかった部分も治せるようになる可能性が高まるのです。

  • 3.再治療を減らせる

    肉眼で見落としていた箇所の見逃しがなくなり、無駄な治療や不完全な治療がありません。たとえば治りにくい歯の根の治療は、これまでレントゲンに写るくらいの大きなヒビでなければ診断できなかったため十分な治療ができずにいました。マイクロスコープを使えば、見えなかったがために起こっていた再治療を減らすことができます。

  • 4.痛みが少なく治りが早い

    削るべき患部がごくわずかですむため、健康な歯を最大限に残すことができ、治療の痛みや腫れを最小限に抑えられます。傷口も小さいため治りが早くなることも期待できるでしょう。

  • 5.医師の負担軽減

    マイクロスコープはドクターにとってもメリットの大きい機器です。口腔内を無理に覗き込むことがなくなったため、1回の診療でかかる身体や目への負担が減りました。ベストコンディションをキープしながら治療に当たれるため、自然と治療の精度が高まります。

歯の修復に金属を用いない「メタルフリー治療」

近年、金属アレルギーを発症する患者様が増え続けているという事実もあり、当院では歯の修復に金属を使用しないメタルフリー治療をオススメしています。

歯を修復する補綴物(ほてつぶつ)に金属が使用されている場合、長期間にわたって徐々に詰め物が口の中で溶け出し、粘膜から吸収されることで皮膚や内臓に蓄積して健康に大きな影響を与える可能性があるのです。

金属を一切使用しない100%セラミックで加工された歯は身体にとても優しく、さらに審美性と耐久性に長けています。

保険は適用外となりますが、長期的な健康において多くのメリットがあるためオススメしています。

このほか、現在金属アレルギーを発症している方にはアレルギーの原因となっている歯の金属をお口の中からすべて取り除く治療も行っています。 金属アレルギーでお困りの方は当院までお気軽にご相談ください。

診療メニュー

医院案内

医院案内
ウェル西新宿デンタルクリニックにお気軽にご相談ください。

アクセス

【所在地】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-1-4 ウェル新都心ビル1F
【アクセス】
山手線「新宿」駅南口から徒歩5分。
都営大江戸線「都庁前」駅O-2出口すぐ、またはA-2出口から徒歩7分でお越しいただけます。
地図をダウンロードする
アクセス〒160-0023東京都新宿区西新宿3-1-4 ウェル新都心ビル1F